くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト・ロック・シティ


監督:アダム・リフキン
脚本:カール・V・デュプレ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
音楽:J・ピーター・ロビンソン
出演:エドワード・ファーロング/ナターシャ・リオン/ジュゼッペ・アンドリュース/ジェームズ・デベロ/サム・ハンティントン/リン・シェイ/メラニー・リンスキー/マイルス・ドゥガル/ニック・スコッティ/シャノン・トゥイード/パメラ・ボウエン/ジーン・シモンズ/ポール・スタンレー/エース・フレーリー/ピーター・クリス/KISS


1978年。ロックバンドKISSのファンの高校生4人組は、コンサートチケットを手に入れたのだが、ロックを嫌う仲間の母親に捨てられてしまう!しかし、ラジオのクイズに正解してチケットを手に入れることが出来た~!やったぁ~!と4人はチケットを受け取りにコンサート会場のある町に行くのだが・・・という話。
いやいや、まさに、私の時代だわ~!(歳がバレるな・・・;;)
KISSは日本でもメチャクチャ流行っていましたね。今見ると、化粧なんて大したことないんだけど、当時はかなりショッキングでした。
それに何と言っても、KISSと言ったら、最後のコンサートシーンでも出てくる「火吹き」ですよね~。と、そんなシーンも見れて大満足。ギター壊しすぎなのには大笑い(笑)
さて、映画ですが、等身大の高校生という感じで良かったです。
最初のお母さんがKISSの音楽でコーヒーを吹き出すところからノリノリですね!(笑)
デトロイトに来て4人がチケットを取るために別行動をしますが、ホーク(ファーロング)とトリップ(コンビニ強盗のやつ)のエピソードが面白かったです。
特に、コンビニ強盗なんて、入り口の子供を(あんな小さいのに)脅してるし(笑)
その子供達から奪い取った人形を強盗と引っ張り合っているシーンには爆笑だし、「お前、本当は銃なんて持っていないんだろ?」と銃を突きつけられているのに「お前もな」の台詞には大爆笑!
短い時間の間に4人がそれぞれ特別な体験をするのは実際にはあり得ないだろうけど、色々な青春の出来事と音楽(ロック)って繋がっているんだよねぇ~!と、勝手に自分の青春時代を振り返り、懐かしんで楽しんで見ました。


デトロイト・ロック・シティ デトロイト・ロック・シティ
エドワード・ファーロング (2003/07/24)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/6-725a5234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。