くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来警察

原題:RUNAWAY
監督:マイケル・クライトン
脚本:マイケル・クライトン
撮影:ジョン・A・アロンゾ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:トム・セレック/ジーン・シモンズ/シンシア・ローズ/カースティ・アレイ/G・W・ベイリー/スタン・ショウ/ジョーイ・クレイマー/クリス・マルケイ

ロボットと人間が共存している近未来が舞台。ロボットトラブルを担当する警官ラムジー(トム・セレック)は、暴走するロボットに特殊なチップがつけられているのを見つける。このチップの謎を追っていくうちにルーサーという男に突き当たるのだが・・・という話。
1985年の作品ですので、今となっては、ロボットの造形がちゃっちい~(^_^;
蜘蛛のロボットなんて、攻撃されるまえに銃撃できるんじゃないの?ってな感じだなんだけど、ロボットの造形はともかく、話自体はなかなか面白いです。
誘導弾の出るピストルは、誘導弾が標的の温度を基に追跡していくって話だったんだけど、「エネミー・ライン」でも、どこまでも追ってくる誘導ミサイルみたいのがあったけど、あれも熱で?「トップガン」でもあったけど、ロックオンシステムがわからないんです。どうなっているのか、誰か教えて~m(__)m
悪者とのカーチェイスや銃撃戦(って程でもないけど)も、なかなか面白いですけど、ラムジーと女性パートナーとの関係も面白かったです。
同僚の女性警官を食事に誘って、「パーートナーはみんな食事に誘っているんだ」って、照れ隠しなのか無神経なのか、なかなか笑えます。
そしてラストでもまた「女性だからって関係ないぞ?」なんて言っているのがまた笑えます(^.^)
それから、息子役の子がなかなか演技者で、仲の良い父子って感じが出ていて良かったです。
悪役のルーサーはジーン・シモンズです。ノーメイクだけど、怖いです(笑)
ラストの火花をバックにしてのキスシーンが、モロB級映画のノリです。しかも、キスシーン長過ぎだ~!(笑)


未来警察 未来警察
トム・セレック.シンシア・ローズ.ジーン・シモンズ (2007/08/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/41-57765a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。