くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドフェローズ

原題:GOODFELLAS
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:マーティン・スコセッシ/ニコラス・ピレッジ
撮影:ミヒャエル・バルハウス
出演:レイ・リオッタ/ロバート・デ・ニーロ/ジョー・ペシ/ロレイン・ブラッコ/ポール・ソルヴィノ/クリストファー・セロン/ジュリー・ガーフィールド/サミュエル・L・ジャクソン/フランク・シヴェロ/マイク・スター/フランク・ヴィンセント/ジーナ・マストロジアコモ/ケヴィン・コリガン/マイケル・インペリオリ/フランク・ペレグリノ/トニー・シリコ/イレーナ・ダグラス/ヴィンセント・パストーレ/ヴィンセント・ギャロ/トビン・ベル/トニー・リップ/

「マイ・ブルー・ヘブン」がこの映画の後日談だというので、興味を持って見てみました。
むむぅ~。「マイ・ブルー・ヘブン」の主人公はここではレイ・リオッタが演じるヘンリーなんですが、まぁ確かに他の人達に比べれば(特にトミー)ましかも知れないけど・・・。
グッドフェローズなんて言っちゃって、どこがグッドなんだ?結局そんな付き合いは表面上だけの物だから、結局は信じられなくなり裏切りに・・・。
仮に直接殺人に手を下してはいなくても、あれだけのことを長年やってきて、裏切るって言うのもどうなのかな・・・。
まぁとにかく、ヘンリーの手記か何かがベースなんでしょうから、レイ・リオッタが主人公なんですが、一番印象的だったのが、ジョー・ペシ!
怖すぎるよ~。
殺された時にはホッとしたくらいですわ(笑)
しかし、マフィアって、イタリア系でもシチリア出身じゃないと駄目なんじゃなかったっけ?アル・カポネはそれでマフィアになれなかった筈。
トミーはシチリア出身って言ってましたっけ?
さて、この悪党どもは所謂ギャングで、多くがイタリア系ではなくて、主人公のヘンリーもアイルランド系なんだけど、マーティン・スコセッシ監督が、アイルランド+イタリア系なんですよね。
スコセッシ監督の「イタリア旅行」というのを先日CSで見ましたが、やっぱり自分のルーツにはかなり感心があるようでした。
アイルランド映画がもし過去に栄華を極めていたら、やっぱり「アイルランド旅行」というのを作って、熱く語っていたんじゃないかと思います。
そんな監督にとって、この原作は自分にピッタリで、興味引かれるものだったんでしょうね。
最近もアイルランドのギャング物を撮っていますし。
まぁ、とにかく、ギャング反対!で~す。


グッドフェローズ グッドフェローズ
ロバート・デ・ニーロ (2007/06/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/36-ce6f2080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。