くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2014-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何がジェーンに起ったか?

原題:WHAT EVER HAPPENED TO BABY JANE?
監督:ロバート・アルドリッチ
脚本:ルーカス・ヘラー
撮影:アーネスト・ホーラー
音楽:フランク・デ・ヴォール
出演:ベティ・デイヴィス/ジョーン・クロフォード/アンナ・リー/ヴィクター・ブオノ/メイディー・ノーマン

ジェーン・ハドソンは子供の頃はショーのスターで、家族を養うほどの売れっ子だった。しかし大人になると映画界で姉のブランチがスターになり、ジェーンは映画会社のお荷物だった。しかし、ある時車に轢かれてブランチは車椅子生活を余儀なくされ、二人の姉妹は隠居して暮らしていたのだが・・・という話。
ネタバレありありの感想ですので、注意です(^^)
いやいや、凄かった~。
最初から最後まで緊張して見ていたので疲れました。
とにかく、ベティ・デイヴィスが凄くって、のっけから厚化粧にフリフリの服に意地悪そうなしゃべり方で、ビックリします。
モノクロですけど、相当赤い口紅をつけているんじゃないでしょうかね?それにおしろいもかなり付けているような気がします。モノクロで良かった~(笑)
さて、もうとにかく、姉をいびるジェーンが憎ったらし過ぎです。
鳥の死骸を食事に出すのもオェ~だけど、ネズミもかよ~!やり過ぎだぁ~!!
そりゃ、ブランチも車椅子をくるくる回しちゃうわよね~。と、ここら辺の演出も上手いですね。
隣の家のおばさんが出てくるシーンもドキドキします。
他にも、家政婦がドアを開けるシーン、ブランチが電話をかけるのに2階から降りてくるシーン、電話しているシーン、手紙を窓から投げるシーン、もう、ドキドキシーンの連続です!
しかし、どの作戦も悪魔のようなジェーンに見つかってしまいます。
そんな悪魔のようなジェーンもピアノ弾きに恋をしたようです。が、この二人の会話って全く噛み合わないんですよね。
二人とも自分の話ばかりしていて、似た者同士なんでしょうね。
ピアノ弾きと言えば、終盤、監禁されているブランチを見て町に飛び出して、ポケットに手を入れ小銭を見つけたっぽかったけど、警察に電話したのでしょうか?
警察はお手伝いさんの死体を発見したから、捜査開始って感じだったような・・・。ってことは、ピアノ弾きは何してたんだぁ???
そして、いよいよラストで海岸にたどり着くジェーンとブランチですが、真実を知った後にアイスクリームを買いに行った時のジェーンのすがすがしい顔!
あの意地悪ジェーンとは別人ですよ!
アイスクリームと言えば、警官に「これはブランチのなの」と言っていたけど、ベビィ・ジェーンだった頃にも、お父さんにアイスクリームをねだり「ブランチの分も買ってあげてね」と言っていましたね。
上手くあの頃とリンクしている訳ですよね。
さて、驚愕の真実ですが、ブランチがそれを言ったときに「あぁ~っ!!!そうだったぁ~!やられた~!」と思いました。
だって、最初の事故シーンで、運転していたのはブランチだと思っていましたから。撮影所で車はブランチのものだって言ってたし、事故直後にベビィ・ジェーンの人形が転がっていたのはジェーンが轢かれたという暗喩だと思ったからです。
だから、その後でジェーンが轢いたことになっていて、「あれ?」と思ったのですが、ベティの鬼気迫る演技にすっかりそう思ったことも忘れ、いつの間にかすっかりジェーンがやったんだと思ってしまっていましたわ~。やられた~(笑)
演出も素晴らしいし、ベティ・デイビスの演技は最高だし、ジョーン・クロフォードは地味な役ではあったけど素晴らしかったし、名作です。


何がジェーンに起こったか? 何がジェーンに起こったか?
ベティ・デイビス (2006/09/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/26-36c67305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。