くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ブルー・ヘブン

原題:MY BLUE HEAVEN
監督:ハーバート・ロス
脚本:ノーラ・エフロン
撮影:ジョン・ベイリー
音楽:アイラ・ニューボーン
出演:スティーヴ・マーティン/リック・モラニス/キャロル・ケイン/ジョーン・キューザック/メラニー・メイロン/ビル・アーウィン/ウィリアム・ヒッキー/デボラ・ラッシュ/ダニエル・スターン/エド・ローター/ジュリー・ボヴァッソ/コリーン・キャンプ/アーサー・ブラウス

マフィアの裁判で証言する予定のヴィニーは重要証人保護制度により、カリフォルニアのフライバーグという町に匿われる。しかしじっとしていられないヴィニーはこの町で色々な事件を起こし、警察に捕まる。そのたびにFBI捜査官のバーニーが身請けに来る。バーニーに命を助けられたヴィニーは、バーニーと地方検事補のハンナをくっつけようと、セッティングする。そしてハンナの子供達に野球場を作る約束をするのだが・・・という話。
スティーヴ・マーティンがイタリアンマフィアですよ~!全然イタリア人に見えない~(笑)
あの衣装と言い、チンピラにしか見えないし~。
さて、この映画、アメリカ版Wikipediaを見ると、興味深いことが色々書いてあります。
この映画は「グッドフェローズ」と関係があると書いてあるのです。「グッドフェローズ」の後日談なんだそうで、この映画でマーティンが演じたヴィーニー・アントネーリは、「グッドフェローズ」ではHenry Hillという名前でレイ・リオッタが演じています。
そして、Henry Hillは実在の人物のようです。
マフィアで、捕まるまでが「グッドフェローズ」に描かれていて、その後の重要参考人の生活がこの「マイ・ブルー・ヘブン」に描かれているってことなんでしょうね。
それにしても、あまりにも笑えるというか現実離れした人なので、どこまで本当なのか・・・?球場、本当に作ったのかなぁ~?
それにしても、「犯人をつきとめた!」と思ったら、もう捕まえている犯人だったり、取引人を教えるからと交渉したら、取引人が潜入捜査員で、しかも自分の身請け人だったとか、なかなか笑えます。
大ボラ吹きも、マーティンに合っていたし、リック・モラニスとの友情も良かったです。
でも、マーティンのあの髪型は・・・微妙~(笑)
そして、もう一つ、アメリカ版Wikipediaのトリビア欄に面白いことが書いてあります!最初のオファーではマーティンにはFBI捜査官のバーニー役が、ヴィニー役にはシュワルツネッガーだったそうです。でもシュワちゃんが「キンダーガーデンコップ」を取ったので、マーティンがヴィニー役を希望してやることになり、バーニー役をリック・モラニスがやることになったそうです。
マーティンとシュワちゃんの組み合わせって想像つかないけど、一度は見てみたかったかも?(笑)
さて、未見の「グッドフェローズ」を見てみますか~。


マイ・ブルー・ヘブン マイ・ブルー・ヘブン
スティーブ・マーチン (2006/11/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/25-30466c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。