くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックホーク・ダウン

原題:BLACK HAWK DOWN
監督:リドリー・スコット
原作:マーク・ボウデン
脚本:ケン・ノーラン/スティーヴン・ザイリアン
撮影:スワヴォミール・イジャック
音楽:リサ・ジェラード/ハンス・ジマー
出演:ジョシュ・ハートネット/ユアン・マクレガー/トム・サイズモア/サム・シェパード/エリック・バナ/ジェイソン・アイザックス/ジョニー・ストロング/ウィリアム・フィクトナー/ロン・エルダード/ジェレミー・ピヴェン/ヒュー・ダンシー/ユエン・ブレムナー/ガブリエル・カソーズ/キム・コーツ/ジェリコ・イヴァネク/グレン・モーシャワー/ブレンダン・セクストン三世/リチャード・タイソン/ブライアン・ヴァン・ホルト/ニコライ・コスター・ワルドー/スティーヴン・フォード/オーランド・ブルーム

内戦が続く東アフリカのソマリアで、アイディード将軍の副将二人を拉致するために、首都モガディシュに乗り込んだアメリか兵達。30分で終わる任務は、想定外の出来事により悪夢の戦闘へと変わってしまった・・・という話。
前年に「グラディエーター」でアカデミー賞作品賞を撮ったリドリー・スコット監督ですが、こっちの方が良いんじゃない???
すごい緊迫感で、見ていて特に前半は怖くて息苦しかったです。
長尺なのに、しかも登場人物が誰が誰だかわからない(ジョシュとウィリアム・フィクトナーしか見分けられなかった;;)のにも拘わらず、最後まで一気に見れたのは、やっぱり監督の技量でしょう。
それにしても、兵って結局将棋の駒みたいなものだな~と思いました。
兵達はそれぞれ正義の為だとか、生活の為だとか、軍隊に入った動機は色々あるんでしょう。
でも「俺たちに政治は関係ない」ってある兵士が言っていたように、その場になったら、政治も何もないですね。とにかく任務遂行!でもその前に、自分が生きること!
ヘリから指令を出している人は任務なんだろうけど、「地上じゃこんなに大変なのに!」と何度もイライラしてしまいました。本部のモタモタぶりも結構イライラものですね。
さて、この映画は実話ベースの映画です。
視点がアメリカ寄りという意見もあるみたいですけど、原作者がアメリカ人だし、そして国防総省が全面協力なんですから、ある程度は仕方ないでしょう。
確かに、映画の米兵は武器を持ったソマリア人しか撃っていないとか、ええっ?綺麗に描きすぎじゃない?と思うところもあったけど、決してアメリカ万歳!の映画ではありません。
何故戦争をするのか?軍事介入はするべきか?等々色々考えさせてくれる映画だと思います。
だけど、昨今のニュース番組みたいに、キャスターの考えを押しつけられるのに慣れている人や、アメリカは諸悪の根源!と思いこんでいる人や、戦争をやめさせる方法なんて考えつかないし考えたこともないけど、とにかく戦争反対!という人には向かない映画です。
最後にアメリカ兵の死者18人、ソマリア人1000人というのだけ見ると、ソマリア人をそんなにいっぱい殺したのか!と思いがちですけど、このソマリア人の殆どが民兵で、この民兵が支持している指導者たちのせいで、ソマリアの一般人は内戦に巻き込まれ、また餓死で30万人も死んできたんです。
「戦争じゃないだろ?30万人も死んでいるんだぞ!ジェノサイドだろ?!!」とアメリカ人が言っているように、アメリカが単に戦争がしたくてソマリアに来たんじゃないということを理解しなくてはいけません。国連軍の介入も前大統領から要請が出ています。
が、しかし、ここで30万人でジェノサイドと言い切っているのに、ここソマリアで痛手を受けちゃったので、翌年のルワンダではこれより短期間に多くの人が殺されているのに「ジェノサイドと言うのでしょうか?ジェノサイド的ではあるけど」なんて訳のわからないことを言っています・・・おいおい(^_^;
軍事介入で内戦が終わる確証はないけど、ただ見ているだけで良いのでしょうか?
話し合いをしなさいという勧告も受け入れない国にはどうしたら良いのでしょうか?
アメリカ軍の介入は駄目!国連軍ならOKというのなら、ルワンダはOKなのでしょうか?
国連軍とは何なのでしょうか?
そして、日本は何をしたのでしょうか?裸にされた米兵の死体が引きずり回されたシーンをTVでも流していたけど、ソマリアの内戦について詳しく報道した番組があったでしょうか?
今でもアフリカではあちこちで内戦があります。
ソマリアだって、結局長く続いた内戦は、あんな短期間の国連軍&米軍の軍事介入では何もならず、その後も続き、今だって正式国名さえ無い国なわけです。
「ホテル・ルワンダ」の感想にも書きましたが、平和な国に住む私たちは、戦争反対!なだけじゃなくて、そのためにどうしたら良いのか考えるべきではないのかなぁ~と、またもや思いました。
ところで!冒頭、兵舎でみんなが見ていた映画に、スティーヴ・マーチンが出ていたんですけど、何の映画でしたっけ?「天国から来た男」かなぁ?気になる~。わかったら教えて~m(__)m


ブラックホーク・ダウン ブラックホーク・ダウン
ジョシュ・ハートネット (2005/03/02)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/21-3a2d6784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。