くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティーン

原題:CHRISTINE
監督:ジョン・カーペンター
原作:スティーヴン・キング
脚本:ビル・フィリップス
撮影:ドナルド・M・モーガン
音楽:ジョン・カーペンター/アラン・ハワース
出演:キース・ゴードン/ アレクサンドラ・ポール/ ジョン・ストックウェル/ロバート・プロスキー/ハリー・ディーン・スタントン/クリスティーン・ベルフォード/ロバーツ・ブロッサム/ケリー・プレストン/デヴィッド・スピルバーグ/ウィリアム・オストランダー/マルコム・ダネア

気弱な高校生のアーニーは、ある日下校途中で売りに出ている古い車と出会った。一目で気に入ったアーニーはこの車を買い、クリスティーンと名付け、修理に精を出すのだが・・・という話。
アーニーは本当に冴えない感じなのに、親友のデニスは格好良いし、見た目は不思議な取り合わせなんだけど、二人は本当の友達でデニスが友達思いの良い奴だというのが、最初の方のエピソードでよくわかります。
だけど、そんなのも何もかも車の呪いの前では何にもなりません。
アーニーは車に操られているだけなんでしょうけど、アーニー自身、車を得たことによって自分に自信を持ち、変わったという部分もあったんじゃないかと思います。
とにかく、アーニーの見た目の変貌がすごくて、顔つきが別人のようにすっかり変わってしまっていて、怖いです。
自分をいじめていた不良グループたちをやっつけるのはまだしも、自分の親友を傷つけ、彼女を殺そうとするなんて・・・。いや、待てよ・・・、そうか、クリスティーンの意志だから、「自分の親友・彼女」じゃなくて、「自分の彼氏の親友・彼女」って感じになるんだろうな~。
ぐちゃぐちゃになっても綺麗に再生しちゃう車が凄くて、あれはフィルムの逆送りなのかな?良く出来ていますよね~。
畳みかける展開にハラハラドキドキ楽しかったです。


クリスティーン クリスティーン
キース・ゴードン (2006/11/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/16-88273ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。