くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を召しませ

監督:川島雄三
原作:菊田一夫
脚本:長瀬喜伴
撮影:長岡博之
美術:浜田辰雄
音楽:万城目正
出演:秋月恵美子/芦原千津子/曙ゆり/津島恵子/小月冴子/紅朱実/勝浦千浪/岸井明/望月美恵子/殿山泰司/高屋朗/日守新一/磯野秋雄/山田英子/伊沢寿子/佐々木恒子/真船圭子

第六作目の「シミ金のオオ!市民諸君」で干されたはずなのに、懲りもせずまたもやこんな学芸会レベルの映画を撮り、また1年程干されたという注目の(?)作品です!(笑)
しかし、第六作目の「シミ金のオオ!市民諸君」と第八作目の「夢を召しませ」の間の第七作目と言うのが「シミキンのスポーツ王」だし、3本も続けてこんなレベルの映画を撮ったのか?!
「シミキンのスポーツ王」は未見だけど、推して知るべしです。
しかし、この頃(1950年)って、日本映画がまだまだ勢いがあったからなんでしょうか、松竹が我慢強かったのか、干されはしてもクビにはならないところが凄いです!(笑)
つまり、ここでクビになっていたら、この後続出する川島監督の素晴らしい作品も撮られることは無かったのですから、松竹無くして川島無し!(笑)
さてさて、肝心の内容ですが、上記のとおり、学芸会です!シミキンでも発揮されていましたが、きっと川島監督ってこういうのが好きなんでしょうね~。
恐ろしくつまらないのですが、もの凄く活き活きしている映画です(笑)
まぁ、この作品は出演者の殆どががOSK(松竹歌劇団)の人達なので、歌も踊りも(特に踊り)は素晴らしいです。が、いかんせん、この映画なだけにもったいない・・・。
OSKって宝塚歌劇団みたいなものだったのか(今でもあるのかな?)男も女性が演じています。
主人公の春海渚(曙ゆり)が憧れるミッキィ役の秋月恵美子が男役なんですが、とても格好良いです!!
しかし、主人公を演じる曙ゆりがイマイチなんだわな~。男装も変だけど女装(?)も変なんです(^_^;
ストーリーは劇団の試験に落ちて雑用をしていた主人公が、雑用係を辞めて故郷に帰る前日、夢でスターになるというもの。
しかし、この夢が何だか面倒臭くてメチャクチャなストーリーなんです。原作が悪いのか、脚本が悪いのか?
でもまぁ、美術はなかなか素晴らしいですよ。
とにかく、本当に凄い映画なので、川島雄三ファン、もしくは出演者のファン以外の人は見ない方が良いです。
川島雄三ファンでも、この映画は許し難い物がありますが・・・(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumaecinema.blog79.fc2.com/tb.php/10-f47418f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。