くまえの映画の感想

WOWOWやスカパー!で見た映画の感想です。 随時更新!

2007-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車男

監督:村上正典
脚本:金子ありさ
撮影:村埜茂樹
美術:柳川和央
音楽:服部隆之
出演:山田孝之/中谷美紀/国仲涼子/瑛太/佐々木蔵之介/木村多江/岡田義徳/三宅弘城/坂本真/西田尚美/大杉漣

TV版を先に見ちゃったし、TV版が結構気に入っていたので、こっちの映画版は・・・う~ん・・・(¨;)
中谷美紀に似ているという事だったけど、本当に中谷美紀じゃねぇ・・・?美人過ぎちゃうし、隙が無い感じで、リアルさに欠けるかな~?
TV版の伊東美咲みたいにちょっと天然っぽい感じがあったら良かったんだけど・・・。
それに、山田孝之と中谷美紀じゃ年が違いすぎるだろう?!・・・って関係ない?
そして、ラストじゃ、山田孝之が秋葉の路上で涙でグジャグジャになりながら告白するんだけど、ええ~っ!?!?
オリジナルを読んでいる私としては、告白シーンはやっぱり公園でして欲しかったな~。涙でグジャグジャな山田君を見て「汚い・・・」なんて思っちゃったし、ガッカリだよ!(byスケバン恐子)
山田剛司君だったら、グジャグジャでも可愛いと思えるんだけどな~。
と、ここまで書いて初めて気がついた!両方とも「山田」君なんだね!(だから何?;;)


電車男 スタンダード・エディション 電車男 スタンダード・エディション
山田孝之 (2005/12/09)
東宝
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

御用牙 かみそり半蔵地獄責め

監督:増村保造
原作:小池一雄/神田たけ志
脚本:増村保造
撮影:宮川一夫
美術:太田誠一
音楽:富田勲
出演:勝新太郎/西村晃/黒沢年男/佐藤慶/稲野和子/相川圭子/小松方正/岸田森/小池朝雄/草野大悟/蟹江敬三

「御用牙」シリーズの第二作目です。ちなみに、一作目も三作目も未見です。
さて、この作品ですが、原作が小池一雄っていうんだから、劇画だったんでしょうね。
まさに、内容は劇画そのもの!
主人公のイチモツが巨大だという設定から始まって、それを鍛えたり(アホか?)、それを使って女を拷問したり(アホな)、メチャクチャです(笑)。
しかし、このバカバカしいキャラクターの主人公が勝新にピッタリなんです。
この役をやれるのは、勝新の他には誰もいないでしょう。
そして、この一歩間違えれば超三流映画になりかねないバカバカしい話が、勝新の迫真の演技と、増村保造の演出と、宮川一夫のカメラとで、何故かA級娯楽映画になっているところが凄いです!
とにかく最初から面白くて、勝新のかつらが頭がでか過ぎて可笑しいし、髪型と言えば黒沢年男の髪型も変で可笑しいです。
そして、ふんどし一丁の勝新のふんどしが盛り上がっていて何か変じゃないか・・・?と思ったら、なんと、巨大なモノの持ち主なんだそうで、木槌で叩いて鍛えてたりします!(笑)
もう、本当に、メチャクチャですよねぇ?(笑)
ストーリーも面白かったし、子分の二人も良かったし、ホント面白かった~!
増村は男を描いた作品の方が面白いと思います(^.^)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。